シンガポールのカジノの特徴は、マリーナ・ベイ・サンズと、リゾート・ワールド・セントーサ、国内にカジノと言えば、これしかありません。実際に、シンガポールカジノにおいて、2020年までは、新しいカジノの増える予定はないといわれています。
これは、シンガポールを、カジノ大国にはしないという政策の意図があります。日本もカジノと騒がれている訳ですが、日本がもしもカジノが解禁になれば、シンガポールと同じ経路を辿ることになるのではないでしょうか。
しかし、シンガポールにおいても、カジノの与えた経済効果は非常に大きいものです。
外資にカジノ運営を任せ、26,000人以上の人たちが職にありつくことが出来たのです。
シンガポールで遊べるカジノゲームは、ルーレット、バカラ、ブラックジャックなどです。
リゾートワールドセントーサは、シンガポール初となるカジノ。
最新テクノロジーを駆使したスロットマシンもあります。マリーナ・ベイ・サンズは、2010年4月に開業して新しいカジノです。
ラスベガス仕込みのサーカスなどもここで頻繁に開催されています。
大型カジノに高級ショッピングモールでも同時に楽しむことが出来る施設です。
マリーナ・ベイ・サンズは、建築家であるモシェ・サフディにより設計されました。


>>>ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!