オンラインカジノは世界的にはメジャーですが、日本人のみなさんには抵抗感も少々あるようです。
段々とオンラインカジノ日本の認知度が高くなっているにも関わらず、 サイトの前で立ち止まっているのももったいない話しです。
はっきりと白黒つけたいですが。
日本の法律の場合、賭博罪と言う法律が存在します。
ただし、日本の賭博は胴元、プレーヤー共日本国内にいる場合に限って成立します。
オンラインカジノがどうなのかと言えば、オンラインカジノは、海外に運営会社が存在します。
従って法律は、海外のものに準じて行っていかなければならないのです。
だから、日本にはしっかり賭博罪というものが成立していても、オンラインカジノに対して、日本の賭博罪を成立させることは出来ません。
それは、いわば、ラスベガスへ日本人が向かってギャンブルをやっているようなものです。
日本人のみなさんは、ラスベガスでのギャンブルをNOと言うでしょうか。
ラスベガスがYESなら、オンラインカジノもYESです。
ただし、ギャンブルを日本の場においてしている事実はここに存在します。
今後、明確にオンラインカジノをNOという法律を作る可能性もないことはありませんが、今、ギャンブルであっても、日本の法律で裁けないのが現実です。


>>>ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!